Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス禁止法の改正案が閣議決定 - フィッシング攻撃を罰則化

政府は、マルウェアやフィッシング攻撃など、不正アクセスを目的としたIDやパスワード取得を禁止する不正アクセス禁止法の法律改正案を閣議決定した。

従来、IDやパスワードを不正に取得する行為について罰則が設けられていなかったが、今回の改正案では、不正アクセスのために他人のIDやパスワードを取得する行為を禁止し、刑事罰の対象としている。

管理者になりすまし、ユーザーを誤認させてIDやパスワードを取得するフィッシングサイトの設置や、フィッシングメールの送信行為についても罰則を設けた。

さらに利用するサービスが特定されていないIDやパスワードであっても、第三者に提供するなど不正アクセスを助長する行為や、不正に保管する行為についても処罰対象としている。

またセキュリティベンダーなどアクセス制御を支援する組織に、必要な情報を提供したり、援助の実施に努めることを定めたほか、不正アクセス行為における罰則の強化を盛り込んだ。

(Security NEXT - 2012/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社
Q&AサイトのQuoraに不正アクセス - 利用者情報1億件が流出か
米Dellに不正アクセス、フォレンジック調査の結果を公表
クラフト素材の通販サイト「ZOWHOW」に不正アクセス - クレカ情報流出か
不正アクセスで会員情報約1万件が流出 - リガク
職員アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 森林研究・整備機構
バンコク事務所のサーバにバックドア、情報流出の可能性 - JETRO