Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本クエスト、Oracleに対応したデータ保護ソフト最新版をリリース

日本クエスト・ソフトウェアは、記録したデータの変更内容からリカバリを実現するバックアップソリューションの新版「NetVault FastRecover 4.5」を、3月より出荷開始する。

同製品は、データの変更内容をリアルタイムに取得し、必要に応じてバックアップが行えるソリューション。独自の仮想オンデマンドリカバリ技術により、データが損失した場合も希望した時点へ短時間で復旧できる。

最新版では、従来の「Windowsファイルサーバ」「Exchange Server」「SQL Server」にくわえ、「Oracleデータベース」と「Windows 7」に対応。Oracleでは、スナップショットをリアルタイムに取得することで保護を実現。レプリケーション機能によりWAN経由で別のサーバにデータを複製することもできる。

また、日本語のGUIを用意したほか、CIFSエクスポート機能を搭載。従来のバックアップソフトとの統合を実現し、スケジュールおよびオンデマンドによるバックアップが可能。価格は50万4000円から。

(Security NEXT - 2012/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
米HPE Software、バックアップの集中管理ソリューション - 改ざん防止機能も
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
ALSI、「InterSafe ILP」の新版 - 自動バックアップ機能など
カスペルスキー、小規模オフィス向けセキュリティ対策製品の新版
NECPF、外食産業のPOS向け「稼働監視サービス」
暗号化などセキュリティ面を強化したバックアップソフト - プロトン
NTTデータ先技、Oracle製品向け一次保守サービスを提供