Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省の震災復興支援サイトがサイバー攻撃で改ざん

経済産業省の震災復興を支援するウェブサイト「ネットアクション2011」が、サイバー攻撃を受け、改ざんされたことがわかった。

1月29日0時過ぎに不正アクセスがあり、サイトの一部が改ざんされたもので、無関係なページが表示される状況に陥ったという。同省では同日5時までに復旧を終えたとしている。

同省では、原因など詳細について調査を進めているが、30日の時点でウイルス感染や情報漏洩などの痕跡は確認していないという。

(Security NEXT - 2012/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
「セシール」不正ログイン、攻撃リストの顧客ID合致は事前抽出が原因 - 情報流出を否定
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致
旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト