Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BIGLOBE、スマホ向けコンテンツ配信サービスにDRM機能を追加

NECビッグローブは、スマートフォン向けコンテンツ配信サービス「BIGLOBE Contents Director」のオプションとして、デジタル著作権管理機能を追加した。

同サービスは、Androidを搭載したスマートフォン向けのアプリやコンテンツ配信を支援する企業向けサービス。あらたにデジタル著作権管理機能をオプションサービスとして提供する。

コンテンツの著作権を保護し不正利用を防ぐために必要なライセンス管理のサーバ、専用プレイヤーやアプリ、コンテンツ暗号化ツールなどをトータルで提供。月額8万4000円の定額制のため、ライセンス発行数の増加を気にせず利用できる。

(Security NEXT - 2012/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ブランド悪用アプリや機密情報漏洩の検知サービス
IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス
QRコード決済事業者向けのコンサルサービス - BBSec
SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
「スミッシング訓練サービス」を開始 - GSX
生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム
通信事業者向けにソリューション「TMCC」 - トレンド
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム