Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

同志社大HPが不正アクセスで閉鎖 - 個人情報漏洩は発生せず

同志社大学は、同大ウェブサーバが外部から不正アクセスを受けたとして、一時サイトを閉鎖した。個人情報の漏洩といった被害は発生していないという。

同大のウェブサイトが攻撃を受け、問題のサーバを一時的に閉鎖したもの。同大では、当面の措置として、同大各学部へのリンクや入試に関する情報などを掲載した簡易サイトを利用者向けに公開している。

攻撃を受けたサーバでは個人情報を管理しておらず、個人情報流出などの被害も発生していないという。今回の不正アクセスを受け、同大では外部機関による調査を実施するとともに、復旧作業を進めている。

(Security NEXT - 2012/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
東邦ガスの会員向けサイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出