Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

同志社大HPが不正アクセスで閉鎖 - 個人情報漏洩は発生せず

同志社大学は、同大ウェブサーバが外部から不正アクセスを受けたとして、一時サイトを閉鎖した。個人情報の漏洩といった被害は発生していないという。

同大のウェブサイトが攻撃を受け、問題のサーバを一時的に閉鎖したもの。同大では、当面の措置として、同大各学部へのリンクや入試に関する情報などを掲載した簡易サイトを利用者向けに公開している。

攻撃を受けたサーバでは個人情報を管理しておらず、個人情報流出などの被害も発生していないという。今回の不正アクセスを受け、同大では外部機関による調査を実施するとともに、復旧作業を進めている。

(Security NEXT - 2012/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数IPよりニコニコにPWリスト攻撃 - 5月に続き注意喚起
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
教育新聞が改ざん被害 - 誘導先でマルウェア感染や情報窃取のおそれ
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ