Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky、世界の感染レベルや最新の脅威統計を公開

Kaspersky Labは、同社のシステムが検知した情報に基づいた脅威統計や、世界の地域別危険度などの、ウェブ上での公開を開始した。

同社のセキュリティネットワーク「KSN」に参加している世界5000万台のコンピュータから収集された脅威情報を分析し、最新の脅威統計や世界各地の危険度などを「Securelist.com」で提供するもの。提供言語は英語となる。

統計はローカルの脅威、ウェブ上の脅威、ネットワーク攻撃、脆弱性の4カテゴリに分けて表示。感染レベルによって色分けされた世界地図を表示するほか、地図上の国をクリックすると、その国で検知された脅威のトップ10などを確認できる。

(Security NEXT - 2012/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
8月は家庭向けIoT機器への攻撃が増加 - メキシコ発の攻撃増に起因
2017年2Qは脆弱性への攻撃が増加 - エクスプロイト公開が影響
家庭向けIoT機器への攻撃、1日あたり1.9万IPアドレスから
カスペ、2016年度は258万台からランサム検知 - 暗号化型が1.6倍
「Apache Struts 2」関連のインシデント検知が増加 - ラック
2016年度の振る舞い検知サービス市場は59億円 - 2021年度は145億円に