Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDE、Linuxサーバ用ウイルス対策ソフトの割引キャンペーンを実施

HDEは、Linuxサーバ用ウイルス対策ソフトウェア「HDE Anti-Virus X」の発売記念キャンペーンを開始した。

同キャンペーンは、同社オンラインストア限定で「HDE Anti-Virus」を2割引で提供する発売記念キャンペーン。

キャンペーンの対象製品は、ファイル共有サーバの指定ディレクトリにおけるウイルスを検知する「同Realtime Scan」とスケジュールスキャンを行う「同for Server」の2製品。実施期間は、12月22日まで。

(Security NEXT - 2011/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
「Struts 2」脆弱性を狙う攻撃キャンペーン「Bleeding Thunder」 - 国内企業のサイト含む標的リストも
脆弱な「Struts 2」サイトの探索行為 - ロシアの攻撃グループが関与か
【特別企画】突如企業を襲うサイバー攻撃、被害低減のポイントを名和氏が解説
攻撃グループ「PowerPool」、Windowsタスクスケジューラ狙うゼロデイ攻撃を展開
東京オリンピックの便乗フィッシングメール、17万4000人に送信か