Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティフライデー、ネットワーク上のファイルアクセスを記録する新製品

セキュリティフライデーは、ファイルサーバへのアクセス状況を記録するソフトウェア「Visuact-lite」を発売した。

同製品は、同社「VISUACTシリーズ」の新製品で、組織内部のネットワークに設置したファイルサーバの通信パケットをキャプチャし、アクセスログを生成できるソフトウェア。

ネットワークスイッチのミラーポートにソフトウェアをインストールしたPCを接続するか、ファイルサーバへ同ソフトをインストールすることにより、アクセスログを作成可能。ファイルサーバから外部へのアクセスについても記録することが可能。

ファイルサーバ1台を監視する「Visuact-lite」が30万円。複数台に対応する「Visuact-liteM」が75万円。別途年間サポート費用が必要。同社では、初年度に1000万円の売上を見込んでいる。

(Security NEXT - 2011/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

EMC、フォレンジックツールに新版 - 関連イベントの時系列表示機能など追加
dit、Savvius製のネットワーク品質監視ツールを発売
マクニカネット、蘭SecurityMatters製の制御システム向けセキュリティソリューション
NEC、AIを活用した脅威分析システムをセキュリティ監視サービスに導入
三菱重工とNTT、サイバー攻撃から制御システムを保護する新技術
シマンテック、自動車のCANにおける異常通信を検知するソフト
トレンド、制御システムで不正アプリの起動を阻止する新製品
カスペ、国内で制御システム向けセキュリティ対策サービスを開始
脅威パケットを破棄する「Cyber Cleaner ST」 - 国別フィルタがIPv6対応
アーバー、脅威可視化プラットフォームの新版をリリース