Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、無線LAN傍受でグーグルに行政指導 - データ削除や再発防止求める

総務省は、市街地で無線LANの通信を受信、記録していたグーグルに対し、電気通信事業法における「通信の秘密」の侵害につながるおそれがあったとして、行政指導を行い、再発防止策などの報告を求めた。

2010年5月に米Googleが情報収集の事実を公表したことを受け、同省が電気通信事業法にもとづいて日本法人であるグーグルへ事実関係を確認したところ、侵害のおそれが判明し、行政指導を行ったもの。

同社は、2007年12月から日本国内において、地図サービスのために車両「ストリートビューカー」で市街地を撮影。その際に、車両に搭載してあった無線受信装置で無線LAN経由の通信を受信、その一部を記録していた。

同社は誤って通信本文を受信、記録していたと説明。閲覧、使用は行っておらず、米Googleにおいてアクセス制限をかけて保管しており、すでに収集を停止していると同省へ報告している。

同省では、関連する通信記録の削除と再発防止や法令遵守の方策について策定するよう同社へ指導するとともに、経緯、対応状況、再発防止策の日本語による周知を求めている。

(Security NEXT - 2011/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
NICT、脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」を発表
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
「セシール」不正ログイン、攻撃リストの顧客ID合致は事前抽出が原因 - 情報流出を否定
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致