Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「マリオカート遊べる」と騙す投稿がFacebook上で拡散

英Sophosによれば、任天堂の人気ゲーム「マリオカート」をFacebook上で遊べるなどとして詐欺サイトへ誘導する書き込みが、同サービス上で拡大しているとして注意を呼びかけた。

Facebook上で友人と同ゲームのマルチ対戦ゲームが楽しめるなどと騙してウェブサイトへ誘導する手口。誘導先サイトのゲーム参加ボタンは、アンケートページへ誘導する入り口となっている。

さらに実在しない「iPhone 5が当たる」などといった詐欺ページに誘導するほか、ブラウザの拡張機能をインストールさせる行為も報告されているという。

同社は、被害を拡大させないよう、書き込みを見かけた場合は、ニュースフィードから投稿を削除し、シェアしているメッセージについても削除するなど対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「投稿を表示する相手」の選択肢設定に一時不具合 - Facebook
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
WordPress向けOGP設定用プラグインに脆弱性
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
ルータ侵害による不正アプリ配布、Facebookの次は「Chrome」を偽装
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会