Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンクモバイル、Androidユーザーに不正サイト検知ソフトを提供

ソフトバンクモバイルは、同社Android端末利用者向けに、BBソフトサービスのセキュリティ対策ソフト「Internet SagiWall」を、2011年10月下旬以降に提供開始する。

同製品は、インターネット閲覧時にワンクリック詐欺サイトやフィッシング詐欺サイトなど、危険度が高いウェブサイトを検知できるセキュリティ対策ソフト。

ダウンロードしたアプリケーションや受信メールの添付ファイルのウイルスを検知する「スマートセキュリティ powered by McAfee」と併用することができる。

利用には、「S!ベーシックパック」への加入と、「スマートセキュリティ powered by McAfee」または「スマートフォン基本パック」の加入が必要となる。

(Security NEXT - 2011/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
DJI、ドローン操縦アプリにインターネット接続を停止するモード
リモコン操作に対応したAndroid TV向けセキュリティ対策アプリ
「BlueBorne」の影響をチェックできるAndroidアプリ