Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブルート、Android向けセキュリティ対策ソフトを発売 - 無償版も用意

ウェブルート・ソフトウェアは、Android端末向けセキュリティ対策ソフト「ウェブルートセキュアエニウェアモバイル」シリーズを10月3日にリリースする。

同製品は、Android端末向けセキュリティ対策製品で、基本機能が利用できる無償版と、より高機能な有償版を用意。マルウェア対策をはじめ、安全なウェブ閲覧、紛失時の位置情報取得や遠隔ロック、迷惑着信や迷惑SMSのブロック機能を提供する。

上位製品である「同プレミアアンドロイド版」では、無償版の基本機能にくわえ、遠隔操作による端末内のデータ削除に対応。また不正SIMカードの挿入時に端末をロックできる。

さらにシステム設定やインストール済みアプリのセキュリティに関するアドバイスを提供する機能や、アプリの管理支援、バッテリやネットワークのモニター機能を利用することが可能。

1年間利用できる「同プレミアアンドロイド版」の価格は2100円。10月31日までキャンペーンとして1200円で提供する。当初はAndroid Marketで展開し、パッケージ版やOEM版の提供についても順次開始する予定。

(Security NEXT - 2011/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも