Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

欧米大企業の48%に平均月1回以上のソーシャルエンジニアリング攻撃 - 攻撃を把握していない担当者が4割

欧米の大企業において約半数の企業が、標的型攻撃などのソーシャルエンジニアリング攻撃を頻繁に受けていることが、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの調査で判明した。

同社が、7月から8月にかけて、米国、カナダ、イギリス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランドにおける従業員数5000人以上の大企業のITセキュリティ管理者850人以上を対象に、ソーシャルエンジニアリング攻撃の実態について調査を実施したもの。

レポートによると、約48%の企業が過去2年間に25回以上の攻撃を受けており、1回あたりの被害額は2万5000ドルから10万ドル以上に及ぶという。

攻撃理由は「金銭目的」が51%でもっとも多く、「知的財産権へのアクセス(46%)」「競合企業に対する優位性の確保(40%)」「報復(14%)」が続いている。

攻撃手段は「フィッシングメール」が47%で最多。次いで「SNSサイト」が39%、「モバイルデバイス」が12%だった。

(Security NEXT - 2011/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加