Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

欧米大企業の48%に平均月1回以上のソーシャルエンジニアリング攻撃 - 攻撃を把握していない担当者が4割

欧米の大企業において約半数の企業が、標的型攻撃などのソーシャルエンジニアリング攻撃を頻繁に受けていることが、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの調査で判明した。

同社が、7月から8月にかけて、米国、カナダ、イギリス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランドにおける従業員数5000人以上の大企業のITセキュリティ管理者850人以上を対象に、ソーシャルエンジニアリング攻撃の実態について調査を実施したもの。

レポートによると、約48%の企業が過去2年間に25回以上の攻撃を受けており、1回あたりの被害額は2万5000ドルから10万ドル以上に及ぶという。

攻撃理由は「金銭目的」が51%でもっとも多く、「知的財産権へのアクセス(46%)」「競合企業に対する優位性の確保(40%)」「報復(14%)」が続いている。

攻撃手段は「フィッシングメール」が47%で最多。次いで「SNSサイト」が39%、「モバイルデバイス」が12%だった。

(Security NEXT - 2011/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
実在組織名用いたメール攻撃訓練でトラブルのおそれも - IPAが注意喚起
巧妙化する標的型攻撃、複数マルウェアの同時感染で攻撃を冗長化
JPCERT/CC、「Mirai」被害低減や標的型攻撃情報共有などに貢献した専門家やCSIRTに感謝状