Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、Facebook上のリンクが安全かチェックできる無料アプリを公開

logofs1.jpg

エフセキュアは、ソーシャルネットワークサービス「Facebook」においてリンクをスキャンして安全性を確認できる「ShareSafe」のベータ版を公開した。

同製品は、Facebookのニュースフィードやウォール上に貼られたリンクの安全性をチェックするFacebook用アプリケーション。

またアプリ上から投稿前にリンクをスキャンすることができ、Facebook利用者が、誤ってフィッシング詐欺やマルウェアの配布を行うウェブサイトのリンクを投稿し、Facebook上に拡散することを防止できる。

さらに同アプリのユーザー間で注目リンクを共有できる「Top Links」を用意。コンテンツのシェアによりポイントを獲得できるプログラムを提供し、ポイントは同社セキュリティ対策製品と交換などに利用できるという。

同社は今回のアプリケーション開発にあたり特許申請中の技術を活用。ベータ版を広く展開し、フィードバックをもとに製品の完成を目指す。

(Security NEXT - 2011/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「投稿を表示する相手」の選択肢設定に一時不具合 - Facebook
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
WordPress向けOGP設定用プラグインに脆弱性
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
ルータ侵害による不正アプリ配布、Facebookの次は「Chrome」を偽装
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会