Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

McAfeeとIntel、OS以下のレイヤーでマルウェアを検出する新技術 - ステルス性高い攻撃を防御

McAfeeとIntelは、共同開発したIntelプロセッサを活用するセキュリティ技術「McAfee DeepSAFE」を発表した。

McAfee DeepSAFE
「McAfee DeepSAFE」のイメージ

「McAfee DeepSAFE」は、OS以下のレイヤーで動作し、ハードウェアを直接監視することであらたなセキュリティ基盤を構築する技術。

OS以下のレイヤーでシステムイベントの状況を確認でき、リアルタイムにCPUイベントを監視することが可能。OSレベルで検知が難しいステルス技術を利用した高度な攻撃やルートキットなどを検出し、削除することができるという。

今回の発表は、2月の両社統合以降はじめての成果で、McAfeeの共同社長であるTodd Gebhart氏は、今回の新技術について同社にとって大きな転換とし、まったくあたらしいリアルタイム保護を提供するとコメントしている。

(Security NEXT - 2011/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

標的型攻撃で狙われる「Active Directory」保護の対策資料 - 優先順位踏まえ具体的に解説
IIJ、セキュリティ技術向上で兵庫県警を支援
日商エレと名大、サイバーセキュリティ分野で技術協力や人材交流
NTTデータら、IoTセキュリティでアライアンス - フレームワークの提唱目指す
ノキアとNTT、エッジコンピューティングを活用した顔認証の実証実験
ランサムウェアと戦う高専生を資金や技術面で支援 - ラック
IPA、「セキュキャン2017」会場の事前確認公募を開始
国立情報学研、大学のセキュリティ対策支援で職員募集
NII、匿名加工情報の加工方法に関する報告書を公開
CyberArkが日本法人を設立 - 特権アカウント管理製品の展開強化