Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

McAfeeとIntel、OS以下のレイヤーでマルウェアを検出する新技術 - ステルス性高い攻撃を防御

McAfeeとIntelは、共同開発したIntelプロセッサを活用するセキュリティ技術「McAfee DeepSAFE」を発表した。

McAfee DeepSAFE
「McAfee DeepSAFE」のイメージ

「McAfee DeepSAFE」は、OS以下のレイヤーで動作し、ハードウェアを直接監視することであらたなセキュリティ基盤を構築する技術。

OS以下のレイヤーでシステムイベントの状況を確認でき、リアルタイムにCPUイベントを監視することが可能。OSレベルで検知が難しいステルス技術を利用した高度な攻撃やルートキットなどを検出し、削除することができるという。

今回の発表は、2月の両社統合以降はじめての成果で、McAfeeの共同社長であるTodd Gebhart氏は、今回の新技術について同社にとって大きな転換とし、まったくあたらしいリアルタイム保護を提供するとコメントしている。

(Security NEXT - 2011/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
チェック・ポイント、Dome9を買収 - クラウドセキュリティを強化
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
ココン、第三者割当増資で約28億円を調達 - セキュリティ診断技術の研究開発を促進
トレンドとMoxa、産業用IoTのセキュリティソリューションで協業