Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

McAfeeとIntel、OS以下のレイヤーでマルウェアを検出する新技術 - ステルス性高い攻撃を防御

McAfeeとIntelは、共同開発したIntelプロセッサを活用するセキュリティ技術「McAfee DeepSAFE」を発表した。

McAfee DeepSAFE
「McAfee DeepSAFE」のイメージ

「McAfee DeepSAFE」は、OS以下のレイヤーで動作し、ハードウェアを直接監視することであらたなセキュリティ基盤を構築する技術。

OS以下のレイヤーでシステムイベントの状況を確認でき、リアルタイムにCPUイベントを監視することが可能。OSレベルで検知が難しいステルス技術を利用した高度な攻撃やルートキットなどを検出し、削除することができるという。

今回の発表は、2月の両社統合以降はじめての成果で、McAfeeの共同社長であるTodd Gebhart氏は、今回の新技術について同社にとって大きな転換とし、まったくあたらしいリアルタイム保護を提供するとコメントしている。

(Security NEXT - 2011/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2016年の国内IoT市場規模は5兆円超 - 2021年には倍以上に
NEC、ASEAN6カ国を対象としたサイバー攻撃防御演習を実施
「サイバーコロッセオ×SECCON」が3月5日開催 - 登録締切迫る
ラック、茨城県警のサイバーセキュリティ対策に協力
JSSEC、「Andorid 7.0」に対応したセキュアコーディングガイド
IPA、重要インフラや産業基盤分野のセキュ人材育成で受講者募集
ラックの次期代表取締役社長に西本逸郎氏
暗号学分野の業績称え、Adi Shamir氏に日本国際賞
IPA、「組織における内部不正防止ガイドライン」を改訂
スマホアプリのプライバシー問題解決に向けた実証実験