Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

McAfeeとIntel、OS以下のレイヤーでマルウェアを検出する新技術 - ステルス性高い攻撃を防御

McAfeeとIntelは、共同開発したIntelプロセッサを活用するセキュリティ技術「McAfee DeepSAFE」を発表した。

McAfee DeepSAFE
「McAfee DeepSAFE」のイメージ

「McAfee DeepSAFE」は、OS以下のレイヤーで動作し、ハードウェアを直接監視することであらたなセキュリティ基盤を構築する技術。

OS以下のレイヤーでシステムイベントの状況を確認でき、リアルタイムにCPUイベントを監視することが可能。OSレベルで検知が難しいステルス技術を利用した高度な攻撃やルートキットなどを検出し、削除することができるという。

今回の発表は、2月の両社統合以降はじめての成果で、McAfeeの共同社長であるTodd Gebhart氏は、今回の新技術について同社にとって大きな転換とし、まったくあたらしいリアルタイム保護を提供するとコメントしている。

(Security NEXT - 2011/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

第1回「情報処理安全確保支援士試験」の申込受付がスタート
IPA、セキュリティ人材確保に向けたシンポジウム - エストニア元大統領や米サイバー軍元司令官も登壇
総務省、迷惑メール防止技術の導入状況を公表 - DMARC導入は2社
最後の「情報セキュリティスペシャリスト試験」、合格率13.5%
JNSA、2017年1月に都内でシンポジウムを開催 - ゲームを用いたワークショップも
モバイル端末を狙った不正アプリが200万超え - 今後の動きに警戒を
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
ロボット技術のZMP、顧客情報流出で上場延期
SECCON実委、次年度「CTF4b」の開催に向け協力団体を募集
「CTF for ビギナーズ 2016 FINAL」、SECCON決勝大会と同日開催