Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オリエントコンピュータ、ダウンロード型のHDD完全消去ソフトを発売

オリエントコンピュータは、必要な時にダウンロードして利用するハードディスク消去ソフト「ePEE」を提供開始した。

同製品は、PCに接続されたハードディスク内のデータを完全消去するソフトウェア。インターネットでダウンロードにより提供する。

21の消去方式の中から目的に合った方式を選択可能。ハードディスク内のリカバリー領域についても消去可能で、消去ログを保存できる。

1台あたりの料金は、1台の場合が980円。10台は598円。企業など業務利用の大量消去にも対応する「Perfect Easy Eraserライセンス版」についても用意している。

(Security NEXT - 2011/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BitLocker」対応SATAドライブデュプリケーター - ハギワラ
暗号化製品「FinalCode」に新版 - フォルダ単位のファイル操作が可能に
法執行機関向けにクラウド活用したフォレンジックソリューション - フォーカスシステムズら
バッファロー、自社製品利用者向けにデータ復旧サービス - 保証期間中の軽度論理障害は無償
改ざんや消去できない法執行機関向けボイスレコーダー - エルモ社
「FinalCode」新版、画面撮影対策で端末特定できる透かし表示
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
アイ・オー、データの消し忘れ対策備えたUSBメモリ
カスペルスキー、「Android for Work」に対応したモバイルセキュリティ製品
アドバンスデザイン、フォレンジック向けデータ取得ツール