Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

手術室内で患者情報入りUSBメモリが所在不明に - 筑波メディカルセンター病院

筑波メディカルセンター病院は、患者174人の個人情報が記録されたUSBメモリが所在不明になっていることを明らかにした。

紛失が判明したのは、2010年4月から2011年7月の間に手術を受けた患者174人に関する手術や床ずれに関する情報が保存されていた院内専用のUSBメモリ。

看護師が、8月1日に手術室のデスクでUSBメモリへデータを保存するなど利用したが、その後4日になってUSBメモリを使用しようとした際、紛失に気がついた。手術室には、関係者以外入れないという。

紛失した情報の不正利用などは確認されていない。同院では、対象となる患者に報告と謝罪を行い、USBメモリの使用を中止するなどの対応を進めるとしている。

(Security NEXT - 2011/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸