Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

手術室内で患者情報入りUSBメモリが所在不明に - 筑波メディカルセンター病院

筑波メディカルセンター病院は、患者174人の個人情報が記録されたUSBメモリが所在不明になっていることを明らかにした。

紛失が判明したのは、2010年4月から2011年7月の間に手術を受けた患者174人に関する手術や床ずれに関する情報が保存されていた院内専用のUSBメモリ。

看護師が、8月1日に手術室のデスクでUSBメモリへデータを保存するなど利用したが、その後4日になってUSBメモリを使用しようとした際、紛失に気がついた。手術室には、関係者以外入れないという。

紛失した情報の不正利用などは確認されていない。同院では、対象となる患者に報告と謝罪を行い、USBメモリの使用を中止するなどの対応を進めるとしている。

(Security NEXT - 2011/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
小学校で児童の個人情報含む私用USBメモリを紛失 - 尼崎市
海外研修で引率教諭が鞄置き忘れ、個人情報紛失 - 立命館宇治中高
患者情報9000件含むUSBメモリが所在不明 - 富山市民病院
教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
健康保険関連の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 蒲郡市
症例要約含むUSBメモリを医学部で紛失 - 群馬大