Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、Android版ウイルスバスターを発売 - 不正サイト対策やリモート削除機能も

トレンドマイクロは、Androidを搭載したスマートフォンやタブレット端末向けに、セキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター モバイル for Android」を発売した。

操作画面
操作画面

同製品は、リアルタイムや手動で不正アプリの検索を行ったり、駆除が行えるセキュリティ対策ソフト。端末内のメモリだけでなく、SDカード内のスキャンにも対応している。

またレピュテーション機能により、フィッシングサイトやマルウェア配布サイトなど、不正サイトへのアクセスをブロックすることが可能。

端末の盗難や紛失時は、端末の位置情報を参照したり、アラームを鳴らすことができるほか、専用のウェブサイトより遠隔からリモートでロックしたり、内部のデータを消去することが可能。

そのほか、ブラックリストあるいはホワイトリストを利用した迷惑着信やSMSのブロック機能のほか、2012年5月末までの登録ユーザーを対象に、Android端末の設定に関するサポートを電話、メール、チャットにて提供する。

同社では、ダウンロード販売を開始しており、9月2日よりパッケージ版を提供する予定。市場予想価格は2980円。PC向け「ウイルスバスター2012 クラウド」とのバンドル版(7980円)も用意している。同社では、今後1年間に300万本の販売を目指している。

(Security NEXT - 2011/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
DJI、ドローン操縦アプリにインターネット接続を停止するモード
リモコン操作に対応したAndroid TV向けセキュリティ対策アプリ
「BlueBorne」の影響をチェックできるAndroidアプリ