Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「osCommerce」狙う改ざん、複数の国内ショッピングサイトで被害 - セキュアブレインが確認

セキュアブレインは、ネットショップを構築できるオープンソース「osCommerce」の脆弱性を悪用した改ざんが広がっているとして注意を喚起した。

今回の攻撃は、ウェブサイトの「titleタグ」の間に「iframeタグ」を埋め込み、不正サイトへ誘導するもの。同社は8月1日に攻撃を確認し、改ざんチェックサービス「gredセキュリティサービス」などで対応した。

同社によれば、埋め込まれる不正タグが「scriptタグ」から「iframeタグ」に変化しているものの、2011年上半期に発生した改ざん攻撃「LizaMoon」に酷似。改ざん後に別のコードを埋め込むなど巧妙な攻撃が行われている。

感染比率は国内と比較し、海外の方が大きいものの、「osCommerce」は国内サイトでも多数利用されており、すでに同社では「自動車、オートバイ販売サイト」「ジュエリー販売サイト」「雑貨販売サイト」「アダルトグッズ販売サイト」など、多数国内サイトで改ざん被害を確認しているという。

同社先端技術研究所の神薗雅紀氏は、今回の攻撃について「osCommerceはショッピングサイトで利用されており、特に一般ユーザーに影響が大きい攻撃」であると危険性を指摘。ウェブサイトの運営者、利用者の双方に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
「EC-CUBE」に固定したセッション利用する脆弱性 - 修正がリリース
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多