Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソリトン、「SmartOn ID for リモートアクセス」をバージョンアップ

ソリトンシステムズは、仮想デスクトップの認証を強化する「SmartOn ID for リモートアクセス」の最新版を8月3日より発売する。

同製品は、仮想デスクトップを利用する際に、ICカードとパスワードによる二要素認証を実現するソフトウェア。アプリケーションへのシングルサインオン機能を搭載している。

110729ss_01.jpg

最新版となる「同2.2」では、「Citrix XenDesktop 5」「Citirx XenApp 6」「VMware View 4.6」の最新版に対応した。

仮想デスクトップ1台あたりの価格は1万5750円。同社では、今後1年間に2億円の売上げを見込んでいる。

(Security NEXT - 2011/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソリトン、アカウント情報の漏洩状況を調べるサービス
マルウェア検知から隔離まで対応するエンドポイント対策製品 - ソリトン
外部アクセスは「閲覧のみ許可」するBox向けソリューション
NRIセキュア、ログ監視によるインシデント調査サービス - 米国で先行提供
ソリトン、リモートアクセスソリューションにジェイルブレイク検知機能を追加
PC管理ソフト「InfoTrace PLUS」、「Windowsストアアプリ」の操作ログ取得に対応
検疫ネットワークと連携可能になった「InfoTrace PLUS」最新版 - ソリトン
ソリトン、認証アプライアンス「NetAttest EPS」の新版をリリース - Androidをサポート
ソリトン、データを分割保管する電子割符ゲートウェイ「Tally-WariZen」
ソリトン、マルチデバイス対応のセキュアアクセスソリューションを発売