Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クリアスウィフト、ウェブセキュリティ製品の最新版を発売 - アクセス分析機能を拡充

クリアスウィフトは、企業におけるウェブセキュリティ対策を実現する「CLEARSWIFT SECURE Web Gateway」の最新版を発売した。

同製品は、ウェブ経由のウイルス感染や情報漏洩などを防止できるセキュリティソリューション。最新版となる「同2.4」では、ユーザーによるウェブへのアクセス状況を分析し、アクセス時間、日時、使用帯域、ブロック理由などレポートとして提供する機能を用意した。

さらにフィルタリング機能のURLカテゴリ数を77種類から83種類に拡充しており、登録Webページ数を全約90億ページに増強。あらたに「アドウェア/スパイウェア」「マルウェア広告」カテゴリを追加するなど、アドウェア対策機能を強化した。50ユーザー利用時の参考価格は、63万円から。

(Security NEXT - 2011/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
病院のインシデント対応を疑似体験できるシュミレーションゲーム
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
アシスト、Ericom製アイソレーション製品を提供 - 「VOTIRO」をビルトイン
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
他社比較が可能なセキュリティレベルの自己診断ツールを更新 - IPA
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す