Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「Flash Player」の脆弱性対策を呼びかけ - DB登録された約半数が深刻な脆弱性

情報処理推進機構(IPA)は、「Adobe Flash Player」に関する脆弱性対策情報の公開件数が増加しているとして注意を呼びかけている。

同機構によれば、2007年4月より運営している脆弱性データベース「JVN iPedia」へ収録された「Adobe Flash Player」の脆弱性情報は182件。そのうち約半数以上にあたる95件が、ウェブページを閲覧しただけでマルウェアへ感染したり、データが変更されるなど、深刻度が高い脆弱性だったという。

同データベースへの登録件数は年々増加しており、CVSSによる評価で3段階中もっとも深刻な「レベルIII」が73%と大半を占めた。次に深刻な「レベルII(12%)」をあわせると85%に上っている。セキュリティ更新プログラムの提供についても、2011年第2四半期は4件と従来から倍のペースで実施されている。

同機構では、利用しているプログラムが最新であるか確認できる「MyJVN バージョンチェッカ」を提供しており、適切なバージョンアップを実施するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性