Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リアルコム、iPhone端末の監視や制御を行う「Smart AirPort」新版を提供

リアルコムは、iOS搭載端末の管理を実現する企業向けASPサービスの最新版を、8月1日より提供開始する。

「Smart AirPort」は、Appleのスマートフォン「iPhone」やタブレット端末「iPad」の管理や、アプリの配布を実現するサービス。最新版では、アプリやプロファイルの配布にくわえ、端末の利用開始から廃棄までのライフサイクル全般をサポートする。

具体的には、端末状態監視やプロファイル監視、アプリ状態監視、プロファイル制御など監視機能を提供するほか、リモートからの端末ロックやデータ消去など、紛失や盗難時の不正利用や情報漏洩を防ぐ機能を追加した。

初期費用は21万円。月額利用料は105円/1台。対応機種はiPhone 3GS以降およびiPad以降。今後はAndroid端末への対応を進める予定。

(Security NEXT - 2011/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
セキュリティeラーニングをテレワーク支援で割引 - ラック
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡