Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校教諭の自家用車が車上荒らし、個人情報盗難 - 横浜市

横浜市立永野小学校の教諭が車上荒らしに遭い、児童38人分の住所録などが保存されたUSBメモリなどが盗まれた。

同市によれば、7月19日深夜、同教諭が勤務校から帰宅途中に銭湯に立ち寄り入浴。1時45分ごろに銭湯の駐車場に戻ったところ、自家用車の窓ガラスが壊され、運転席側の後部座席足元においてあった鞄が持ち去られていたという。

被害に遭った鞄にはUSBメモリが入っており、内部には担当クラスの児童38人分の氏名、保護者名、住所、電話番号、保護者の携帯電話番号、在籍する兄弟名などが保存されていた。

このほか、同クラスの名簿や教職員34人分の連絡網などの書類、およびクラス集合写真データが保存された私物デジタルカメラなども被害に遭っている。

被害を受けて警察へ被害届を提出。同校では同日中に、対象となる児童の保護者へ説明と謝罪を行った。また同校では、私用のUSBメモリが使用されていないか絵tんけんなどを実施するという。

(Security NEXT - 2011/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校教諭が成績情報など含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
学生情報含むUSBメモリを紛失 - 石巻専修大
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
健診データ含むUSBメモリが所在不明 - うつのみや病院
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪南大
生徒の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 一戸町