Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィーとインコムが協業、小売店によるセキュリティ製品の無在庫販売が可能に

マカフィーとインコム・ジャパンは、コンシューマー向けセキュリティ対策製品のプリペイドカード販売で協業した。

今回の協業により、インコムのPOSA技術を導入した小売店において、マカフィーのカスタマー向けセキュリティ製品やサービスなどをプリペイドカードにて提供する。

POSA技術は、POSレジでプリペイドカードを有効化する技術。カードを無在庫の状態で仕入れ、購入が確定した時点でPOSレジでカードを有効化できるため、「無在庫販売」が可能。

今後は、POSA版のカスタマー向けウイルス対策ソフトやウイルス駆除サービスなどを順次発売する予定。

(Security NEXT - 2011/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
TMI P&S、セキュリティ対応サービスで2社と協業
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業
アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
JSOLとBBSecが協業、クラウド導入とセキュ対策を提供
ASEAN地域の監視分野事業で英Assuriaと協業 - ラック
マクニカネットと東京電力パワーグリッド、制御システム向け対策で協業
イエラエとNDIAS、自動車のセキュリティ評価技術を共同開発