Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィーとインコムが協業、小売店によるセキュリティ製品の無在庫販売が可能に

マカフィーとインコム・ジャパンは、コンシューマー向けセキュリティ対策製品のプリペイドカード販売で協業した。

今回の協業により、インコムのPOSA技術を導入した小売店において、マカフィーのカスタマー向けセキュリティ製品やサービスなどをプリペイドカードにて提供する。

POSA技術は、POSレジでプリペイドカードを有効化する技術。カードを無在庫の状態で仕入れ、購入が確定した時点でPOSレジでカードを有効化できるため、「無在庫販売」が可能。

今後は、POSA版のカスタマー向けウイルス対策ソフトやウイルス駆除サービスなどを順次発売する予定。

(Security NEXT - 2011/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
米SymantecとNTTセキュリティ、CASBの活用で協業
東京海上日動とWHITE MOTION、自動車分野のセキュリティで提携
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業
凸版印刷とTIS、MSS展開で協業
凸版印刷、パーソナルデータ利活用で米Planetwayと協業
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
エルテス、デジタルリスク分野対象のベンチャーキャピタル設立