Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外では「ウイルス入り端末」の販売業者も - セキュリティ対策迫られるスマホ

シマンテックのクラウド部門であるメッセージラボジャパンは、スマートフォンにおけるセキュリティ上の脅威について事例を紹介し、セキュリティ対策を呼びかけている。

従来、日本国内の携帯電話市場は、端末が独自に進化することでいわゆる「ガラパゴス化」した状態となり、国際的なサイバー攻撃の対象から外れていたが、スマートフォンの普及にともない、ターゲットになりつつあることから注意を呼びかけているもの。

110715ml_01.jpg
流出したアドレスリスト

すでに同社では、インターネット上に流出しているメールアドレスリストに、日本国内の携帯電話アドレスが含まれていることを確認。

また日本ではないが、中国において100万台の携帯電話がボット化するなど、スマートフォンが大きな機器に直面していることを指摘している。

さらに海外ではあらかじめウイルスに感染した状態の携帯電話やスマートフォンを販売している業者も出ており、セキュリティ対策ソフトの効果を発揮できないケースまで発生しているという。

同社ではスマートフォンについて、携帯電話ではなく「小さなパソコン」として認識し、セキュリティ対策を実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
PCカメラでの盗撮を物理的に防御、スライド式カバーが発売
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
宅配便不在通知を偽装したSMS、7月中旬より相談急増
広告機能のみのアプリが「Google Play」で流通 - 紹介ページにある魅力的な機能はデタラメ