Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイレージ会員の個人情報が外部から閲覧可能に、カード情報も - スカイネットアジア

スカイネットアジア航空のマイレージサービスにおいて、認証プログラムに不具合があり、最大700人分の会員登録情報が別の顧客から閲覧できる状態だったことがわかった。

不具合が確認されたのは、同社のマイレージサービス「ソラシド スマイルクラブ」の、携帯電話におけるログイン認証プログラム。7月4日に顧客から、モバイル検索サイトで関係ない別の顧客の個人情報が閲覧できたとの指摘があり、問題が判明した。

2010年10月1日から不具合を確認してサービスを停止した2011年7月6日まで、検索サイトから同社関連ページにアクセスし、特定の条件を満たしている場合、先にログインした別の会員に関する登録情報を閲覧できる状態だったという。

今回の不具合で、最大700人分の氏名、住所、電話番号、職業、ログインパスワード、メールアドレス、マイル数、クレジットカード番号、有効期限などが第三者に閲覧された可能性がある。

同社では、詳細について調査を進めており、システムを一時的に停止している。また閲覧の可能性がある700人へ個別に連絡するなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2011/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カード請求明細書の誤送付、件数が判明 - イオン銀
ITパスポート試験の申込者情報が漏洩、システム不具合で - IPA
クーポンサイトでアカウントを重複発行 - ソースネクスト
カードの請求明細書を異なる会員へ誤送付 - イオン銀
市営駐輪場のウェブ申請に不具合、他人の身分証明書が閲覧可能に - 浦安市
チケット購入確認ページに他人の購入情報を表示 - ローソンHMV
チケット購入者の個人情報流出、配信システム不具合で - 浦和レッズ
取引先への案内メール約3000件を誤送信 - アットホーム
他顧客の配送先情報をサイトで誤表示 - 基盤製造ベンチャー
メルカリの他利用者情報の誤表示、複数条件揃う必要