Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータジェトロニクス、スマホなどの発信者番号による本人認証技術を開発

NTTデータジェトロニクスは、携帯電話やスマートフォンを本人認証に利用するリモートアクセスソリューションを開発した。

110630ng.jpg
提供イメージ(図:NTTデータジェトロニクス)

今回同社が開発したのは、携帯電話機やスマートフォンの発信者番号により利用者を特定し、SMS経由でワンタイムパスワードを発行するVPN接続ソリューション。故障や紛失した場合は、キャリアに電話回線の停止を申し入れることで、認証を停止できる。

同社ではサービスを、7月20日より提供する予定。最小構成は25ユーザーで、初年度の費用は54万750円から。

(Security NEXT - 2011/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル