Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータジェトロニクス、スマホなどの発信者番号による本人認証技術を開発

NTTデータジェトロニクスは、携帯電話やスマートフォンを本人認証に利用するリモートアクセスソリューションを開発した。

110630ng.jpg
提供イメージ(図:NTTデータジェトロニクス)

今回同社が開発したのは、携帯電話機やスマートフォンの発信者番号により利用者を特定し、SMS経由でワンタイムパスワードを発行するVPN接続ソリューション。故障や紛失した場合は、キャリアに電話回線の停止を申し入れることで、認証を停止できる。

同社ではサービスを、7月20日より提供する予定。最小構成は25ユーザーで、初年度の費用は54万750円から。

(Security NEXT - 2011/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顔認証決済の自販機を実証実験 - ダイドードリンコ
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
セキュリティeラーニングをテレワーク支援で割引 - ラック
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供