Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、疑似攻撃で脆弱性を可視化する「TMVMS」を発売

トレンドマイクロは、脆弱性マネジメントソリューション「Trend Micro Vulnerability Management Services(TMVMS)」を6月22日に発売する。

同製品は、企業ネットワーク上のサーバやネットワーク機器、クライアントへ疑似的な攻撃を行い、脆弱性などセキュリティ上の問題を可視化できるソリューション。

外部に公開されているサーバに対して実施するSaaS型外部スキャンと、専用機器による内部ネットワークへの疑似攻撃により、脆弱性の状況についてレポートを提供する。

具体的には、機器に対して実施する「ぜい弱性検査」をはじめ、「SQLインジェクション」や「クロスサイトスクリプティング」などを検査する「Webアプリケーション検査」のほか、パスワードの文字数やポリシー違反を検査する「ポリシーコンプライアンス」が利用できる。

サーバの重要度をあらかじめ指定しておくことにより、脆弱性の深刻度に応じて対策の優先度を割り振ったレポートを提供。さらに同社のサーバセキュリティソリューション「Trend Micro Deep Security(TMDS)」を利用することで仮想パッチによる保護を実現する。

製品ラインナップとしては、脆弱性検査に対応する「同Express Suite Standard」、脆弱性とポリシーコンプライアンスの検査が行える「同Express Suite Advance」、ウェブアプリ検査を提供する「同Express Suite WebAppScan」を用意した。

同社では、サーバセキュリティソリューション「Trend Micro Deep Security」とあわせ、今後1年間に7億円の売り上げを見込んでいる。

(Security NEXT - 2011/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
脆弱性診断サービスを刷新、最短3日のプランも - PSC
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
VDOO、CCDSにIoT機器の評価サービスを無償提供
ネットワークや製品向けにペネトレーションテストサービス - Flatt Security
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
サイボウズ、PSIRT構築支援プログラムを開始
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー