Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソニックウォール、RFDPIと搭載した大規模ネットワーク向けFWを発売

ソニックウォールは、大規模ネットワーク向けの次世代ファイアウォール製品「SuperMassive E10100」を7月から販売する。

SuperMassive E10100
SuperMassive E10100

同製品は、12コアを搭載し、最大96コアまで拡張できる大規模ネットワーク向けファイアウォール製品。

パケットを再構築することなしに検査できる技術「リアセンブリーフリーディープパケットインスペクション(RFDPI)」エンジンを搭載しており、アプリケーションの制御をはじめ、IPS、マルウェア対策機能を提供する。

10Gビット、1GビットのEthernetインタフェースそれぞれ6ポート、16ポートを搭載しており、最大コネクション数は150万。ファイアウォールでは5Gbps、アプリケーションコントロールでは4Gbps、マルウェア対策では2Gbpsのスループットを実現している。

価格は、オープンプライス。E10200へのアップグレードパスが用意されている。

(Security NEXT - 2011/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「どこどこJP」、チェック・ポイント利用者向けに設定支援ツール
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品に新版 - 「ディープガード」に機械学習を応用
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
パロアルト、製品の機能を拡張するフレームワークを用意 - サードパーティアプリが利用可能に
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も
NEC、AIを活用した脅威分析システムをセキュリティ監視サービスに導入