Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソニックウォール、RFDPIと搭載した大規模ネットワーク向けFWを発売

ソニックウォールは、大規模ネットワーク向けの次世代ファイアウォール製品「SuperMassive E10100」を7月から販売する。

SuperMassive E10100
SuperMassive E10100

同製品は、12コアを搭載し、最大96コアまで拡張できる大規模ネットワーク向けファイアウォール製品。

パケットを再構築することなしに検査できる技術「リアセンブリーフリーディープパケットインスペクション(RFDPI)」エンジンを搭載しており、アプリケーションの制御をはじめ、IPS、マルウェア対策機能を提供する。

10Gビット、1GビットのEthernetインタフェースそれぞれ6ポート、16ポートを搭載しており、最大コネクション数は150万。ファイアウォールでは5Gbps、アプリケーションコントロールでは4Gbps、マルウェア対策では2Gbpsのスループットを実現している。

価格は、オープンプライス。E10200へのアップグレードパスが用意されている。

(Security NEXT - 2011/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション
日商エレ、ネットワーク脅威検知のVectra Networksに出資
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
AWS WAF向けにシグネチャ提供サービス - CSC