Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハミングヘッズ、漏洩防止機能を強化した「セキュリティプラットフォーム」最新版

ハミングヘッズは、統合型セキュリティソリューションの最新版「セキュリティプラットフォーム Ver.3.0」を発売した。

同製品は、情報の持ち出し制限機能や暗号化機能、履歴機能を統合した情報漏洩対策ソフト。外部メディアへの書き込みやメール添付、ウェブへのアップロード、印刷などを監視、制限し、社外へ持ち出す際は自動暗号化する。また、あらゆる操作履歴を記録することで、不正行為を抑止する。

最新版では、持ち出し制限機能を強化。TCP/IPまたはUDP/IPベースのデータ送信、およびBluetoothによるデータ転送の制限を実現した。

また社外への情報持ち出す際にユーザーへ注意喚起できる文言表示機能や、使いたい機能だけ追加できる部分アップデート機能をあらたに搭載した。

(Security NEXT - 2011/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
エルテスとクロスワープ、企業の内部情報漏洩対策サービスを中国で提供
キヤノンITS、「GUARDIANWALL」をリブランド - 情報漏洩対策ソリューションとして展開
ALSI、出口対策のクラウド型セキュリティサービスを開始
セキュリティフライデーとインターコム、法人向けセキュリティ分野で協業
端末でのコピーや貼り付けも防止するDLP製品 - シマンテック
機密情報の漏洩対策をまとめたハンドブック - 経産省
マルウェアとC&Cサーバの通信を遮断するサービス - NTTコム
ハンモック、ファイル暗号化ソフトの自動暗号化機能を強化
「LanScope Cat」が「Dropbox Business」のログ取得に対応