Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改ざん攻撃「LizaMoon」が再び発生 - 日本語サイトでも

3月末に確認されたウェブサイトを改ざんし、不正コードを埋め込む攻撃「LizaMoon」が、再び発生している。トレンドマイクロが確認したもので、ウェブサイト運営者などへ注意を呼びかけている。

同攻撃は、SQLインジェクションによりウェブサイトを改ざん、不正サイトへ誘導し、偽セキュリティ対策ソフトなどを感染させる攻撃。誘導先のサイト名により名付けられ、ワールドワイドで、10万サイト以上が改ざんされ、国内でも被害が確認された。

その後1カ月ほど小康状態だったが、同社によれば5月に入ってふたたび活動を再開しているという。

同攻撃は、不正サイトのダウンロード先のファイル名が「ur.php」となっていることが特徴で、同社が5月に入ってあらたに確認した攻撃でも同様だった。日本語ベースの複数ウェブサイトも改ざんされている。

同社は、国内における被害は数件のみと限定的だが、予断を許さない状況であるとし、ウェブサイトを運営している企業や団体へ改ざんの痕跡の確認や、脆弱性対策、不正アクセス対策など実施するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
Facebookの脆弱性にサイバー攻撃、約5000万ユーザーに影響 - 誕生日祝福機能にバグ
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大