Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dkim.jp、メール送信事業者向けにドメイン認証技術「DKIM」の導入資料を配布

Japan DKIM Working Group(dkim.jp)は、メール配信業務の受託やネット上でメール配信サービスを展開する事業者を対象に、DKIMを導入時の注意事項や参考情報などまとめた資料の提供を開始した。

「DKIM」は、メールの送信ドメインの正当性について電子署名技術を利用する認証方法で、送信元の詐称やメール本文の改ざんなど検知できる。

今回公開を開始した「送信事業者におけるDKIM 導入・運用について」は、ドメイン認証技術「DKIM」の導入方法や運用ポリシーをまとめ、導入を推奨する資料。同団体では、比較的DKIMの導入がしやすい送信事業者から導入を促し、利用を拡大したいとしている。

(Security NEXT - 2011/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
迷惑メール対策カンファレンスを大阪と都内で開催 - IAjapan
プロバイダにおける迷惑メール対策導入状況を公表 - 総務省
総務省、迷惑メール防止技術の導入状況を公表 - DMARC導入は2社
なりすましメール防止の「安心マーク」、地方自治体が初導入
フィッシング対策ガイドラインが改訂 - 優先度や「DMARC」の記載を追加
コモド、メールサーバ向け証明書をリリース
ナノオプト、メールセキュリティに特化したカンファレンスイベント
IIJ、なりすまし警告付きウェブメールサービス