Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3支店で顧客情報の誤廃棄が判明 - 大分銀行

大分銀行は、3支店であわせて1824件の顧客情報を保管期限内に誤って廃棄していたと発表した。

誤廃棄されたのは本人確認記録書と添付されていた免許証や保険証などの本人確認資料。氏名、住所、生年月日など顧客情報1824件が含まれる。

同行によれば、4月7日に臼杵支店において誤廃棄が判明。これを受け全店調査を実施した結果、中津支店と勢家支店でも同様の誤廃棄があったことがわかった。いずれも廃棄の記録は残っており、外部に流出した可能性はないとしている。

同行では、関連する顧客への説明と謝罪など個別対応を実施。各支店で保管している資料の集中管理を行って再発防止を進める。

(Security NEXT - 2011/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

休眠口座の印鑑票を紛失、誤廃棄の可能性 - 山形銀
印刷通販サイトでクレカなど個人情報が流出か - 「セキュリティコード」や「質問と回答」なども
印鑑届や管理表など休眠口座の関連書類を紛失 - 北陸銀
セキュリティソフトの利用者情報が別人から閲覧可能に
7店舗で休眠口座の印鑑届4795件を紛失 - 佐賀銀
チケット購入者の個人情報1万4000件含むPCを紛失 - ぴあ
43店舗で休眠口座の印鑑届を紛失 - 鳥取銀
GW直後より感染繰り返すも漏洩気が付かず - 日本年金機構
メールでマルウェア感染、個人情報約125万件が漏洩 - 日本年金機構
134店舗で印鑑票の紛失が判明 - 群馬銀