Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

白衣ごと洗濯に出して個人情報を紛失 - 豊田厚生病院

豊田厚生病院において、患者の個人情報や検査データ50件が保存された外部記憶媒体が所在不明となっている。

職員が記憶媒体を紛失したもので、栄養指導患者および「糖尿病・腎臓病教室」の参加者など50人の氏名、連絡先、ID、検査データ、指示カロリーなどのデータが保存されていた。

4月14日、職員が記憶媒体を白衣のポケットに入れたまま業者へ洗濯に出し、16日に紛失に気付いたが、発見できなかった。同院では、対象となる患者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2011/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院
なりすまし医師に患者の電話番号を漏洩 - 札幌医科大
なりすまし医師から電話、患者の携帯番号伝える - 福島県立医科大病院
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
患者情報が盗難被害に - 淀川キリスト教病院
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
県立病院や高校における個人情報の処理ミスを公表 - 新潟県
メールを誤送信、死亡患者情報が流出 - 墨東病院
病院職員が電子カルテを不正閲覧 - 連絡先を取得
患者情報の誤送信で医師を懲戒処分 - 横浜市立大病院