Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤフー、不正アクセス報道を否定 - 「登録情報漏洩の事実ない」

一部メディアが、「Yahoo! JAPAN」の登録情報漏洩による不正ログインの可能性について報じたことを受け、ヤフーは報道内容を否定するコメントを発表した。

問題の報道では、「Yahoo! JAPAN ID」のログイン履歴に、身に覚えがないクラウドサービスによる海外のIPアドレスが記録されていたとして、侵入を受けたと指摘。

掲示板サイトへ同様の報告が相次いで寄せられているとして、今後大規模な個人情報漏洩事件へ発展する可能性について示唆する内容だった。

これに対して同社は、「Yahoo! JAPANの登録情報の漏洩や、それにともなう不正アクセスの事実にない」として、報道内容について否定した。

(Security NEXT - 2011/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
東邦ガスの会員向けサイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出