Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、17件のセキュリティ更新プログラムを公開 - 64件の脆弱性を解消

「MS11-019」は、SMBクライアントの脆弱性を修正するプログラム。クライアントのSMBリクエストに対する応答や、マスターブラウザとなっているホストに不正なパケットが送信された場合などに影響を受ける。

また「MS11-020」は、SMBサーバの脆弱性に対応するパッチで、細工されたパケットにより脆弱性が悪用される可能性がある。現時点で攻撃は確認されていないが、今後ワームなど攻撃に注意する必要がある。

「MS11-027」は、「Kill Bit」によりブラウザからActiveXの呼び出しできなくするプログラム。「.Net Framework」における公開済みの脆弱性について「MS11-028」で対処した。

さらに「GDI+」における整数オーバーフローやドメインネーム解決、「JScript」や「VBScript」エンジン、「OpenType Compact Font Format」の脆弱性について、4件のプログラムで修正している。

(Security NEXT - 2011/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「HTTP/2」の実装に複数脆弱性 - DoS攻撃手法が明らかに
「Bluetooth」に暗号化強度下げる「KNOB攻撃」が判明
「Apache Tomcat 9.0.24」が公開 - 「HTTP/2」向けに保護機能
「Apache HTTPD 2.4.41」がリリース - 「HTTP/2」関連など脆弱性6件を修正
スイッチ「Cisco Small Business 220」に複数の深刻な脆弱性
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
「Firefox」にマスターパスワード認証が回避されるおそれ - アップデートを実施
F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を
Adobe CC関連アプリに脆弱性 - 一部「クリティカル」も
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性 - SAMLで認証回避のおそれ