Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、17件のセキュリティ更新プログラムを公開 - 64件の脆弱性を解消

「MS11-019」は、SMBクライアントの脆弱性を修正するプログラム。クライアントのSMBリクエストに対する応答や、マスターブラウザとなっているホストに不正なパケットが送信された場合などに影響を受ける。

また「MS11-020」は、SMBサーバの脆弱性に対応するパッチで、細工されたパケットにより脆弱性が悪用される可能性がある。現時点で攻撃は確認されていないが、今後ワームなど攻撃に注意する必要がある。

「MS11-027」は、「Kill Bit」によりブラウザからActiveXの呼び出しできなくするプログラム。「.Net Framework」における公開済みの脆弱性について「MS11-028」で対処した。

さらに「GDI+」における整数オーバーフローやドメインネーム解決、「JScript」や「VBScript」エンジン、「OpenType Compact Font Format」の脆弱性について、4件のプログラムで修正している。

(Security NEXT - 2011/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供