Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、17件のセキュリティ更新プログラムを公開 - 64件の脆弱性を解消

残り8件のセキュリティ更新プログラムについては、いずれも深刻度が「重要」。「MS11-034」では、「Windowsカーネルモードドライバ」において特権の昇格が発生する脆弱性30件を修正した。

「Excel」「PowerPoint」の脆弱性について「MS11-021」「MS11-022」でそれぞれ対応したほか、「Office」に含まれるライブラリロード問題の脆弱性を「MS11-023」で解消している。

2010年末に脆弱性が公表されていたFAX送付状エディタの脆弱性について「MS11-024」で修正。そのほか、「ワードパッド」のテキストコンバータや、「MHTML」の脆弱性へ対応している。

また「MFCライブラリ」の不具合について「MS11-025」で修復した。「MFC」を使用して開発されたアプリケーションにおいて不正なライブラリのロード問題が発生するおそれがあるため、開発者は注意が必要。

(Security NEXT - 2011/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中