Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、一般的なUSBメモリにセキュリティ機能を追加できるソフトの最新版を発売

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、対応テンプレートを拡充したセキュリティUSBメモリ作成ソフト最新版「InterSafe SecureDevice Ver. 2.0」を発売した。

同ソフトは、一般的なUSBメモリにソフトウェアをインストールし、暗号化や未登録PCへのコピー制限などセキュリティ機能を追加できるソリューション。

最新版では、従来版に搭載していた「パスワードモード」「情報漏洩対策モード」「ウイルス対策モード」の3つのテンプレートにくわえ、「読み取り専用モード」を追加。書き込みを防ぐことでウイルスの侵入を防止し、パスワード認証でデータを保護する。

このほか、Professional版に搭載されていた「クリップボード制御機能」をStandard版に実装し、ペースト機能によるデータ移動を防止。さらに管理コンソールを導入していない環境でもバージョンアップが行える「SDアップデートツール」を追加した。

価格はStandard版が3万9900円から、Professional版が15万4560円から。官公庁や地方公共団体向けとなるガバメントライセンスや教育機関を対象としたアカデミックライセンスも用意している。

(Security NEXT - 2011/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ
バッファロー、自社製品利用者向けにデータ復旧サービス - 保証期間中の軽度論理障害は無償
ALSI、「InterSafe ILP」の新版 - 自動バックアップ機能など
ネットワールド、制御システム向けセキュリティパックを発売
トレンド、制御システムで不正アプリの起動を阻止する新製品
アイ・オー・データ、マイナンバー業務向けUSBメモリ
東芝情報システム、暗号化ソリューションにデバイス制御機能を追加
アイ・オー、データの消し忘れ対策備えたUSBメモリ