Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む債権関連書類などを紛失 - 鹿児島信金

鹿児島信用金庫は、債権書類など顧客情報が記載された書類8件の紛失を公表した。誤廃棄の可能性が高いとしている。

所在不明となっているのは、火災保険証券を含む債権関連書類など8件。顧客の氏名、住所、生年月日、口座番号などが記載されていた。

2月8日に顧客から保険金額についての問い合わせがあり、確認しようとしたところ、所在がわからなくなっていることに気がついたという。これを受け、ほかの債券書類を調査した結果、あらたに7件の紛失が判明した。

同金庫では、不正持ち出しの形跡はなく、誤って内部で廃棄された可能性が高いと説明しており、対象となる顧客への報告や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2011/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2支店で本人確認書類の紛失が判明 - 大阪厚生信金
「改印届」など保管文書の誤廃棄が判明 - 稚内信金
本支店11部署で印鑑届などの紛失が判明 - 永和信金
顧客情報含む端末や通帳などがひったくり被害 - 呉信金
同名異人の預金データを誤統合、別人による引き出しも - 帯広信金
瀬戸信金、53支店で25万件の顧客情報を紛失 - 点検で判明
2月に判明した個人情報含む帳票の紛失を公表 - 碧海信金
郵便物の誤配達事故が2件発生 - 遠軽信用金庫
13店舗で1万件以上の個人情報を紛失や誤廃棄 - 十和田信金
ATMジャーナルなど8万件の顧客情報を紛失 - 中南信金