Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマートフォンにはPCと同様のリスク - IPAが注意呼びかけ

情報処理推進機構(IPA)は、「スマートフォン」のセキュリティ対策を呼びかけている。

1月に「Android」の搭載端末を狙う危険性が高いウイルスが発生したことから、同機構では注意喚起を実施したばかりだが、あらためてスマートフォンの脅威について説明を行い、セキュリティ対策ソフトの導入などを案内したもの。

従来の携帯電話では、機種ごとに仕様が異なり機能も限定されていたことからウイルスの作成が難しく、感染被害は少なかったが、一方スマートフォンでは、共通のOSが採用され、パソコンの環境に近いと同機構では指摘。多くの機器で動作するウイルスが作成できるなど攻撃者のメリットを説明している。

対策が講じられていないわけではないものの、アプリケーション開発の自由度が高く、開発に関する情報が多数流通しており、さらに端末の活用が広がり、重要な情報が保存されるなど狙われる要素もあり、脅威が増加していくとの見通しを示した。

(Security NEXT - 2011/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
「VMware AirWatch」のコンソールなどに脆弱性 - アップデートが公開
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止