Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマートフォンにはPCと同様のリスク - IPAが注意呼びかけ

情報処理推進機構(IPA)は、「スマートフォン」のセキュリティ対策を呼びかけている。

1月に「Android」の搭載端末を狙う危険性が高いウイルスが発生したことから、同機構では注意喚起を実施したばかりだが、あらためてスマートフォンの脅威について説明を行い、セキュリティ対策ソフトの導入などを案内したもの。

従来の携帯電話では、機種ごとに仕様が異なり機能も限定されていたことからウイルスの作成が難しく、感染被害は少なかったが、一方スマートフォンでは、共通のOSが採用され、パソコンの環境に近いと同機構では指摘。多くの機器で動作するウイルスが作成できるなど攻撃者のメリットを説明している。

対策が講じられていないわけではないものの、アプリケーション開発の自由度が高く、開発に関する情報が多数流通しており、さらに端末の活用が広がり、重要な情報が保存されるなど狙われる要素もあり、脅威が増加していくとの見通しを示した。

(Security NEXT - 2011/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Google Play」で人気アプリ装うソーシャルエンジニアリング - 開発者名を悪用
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
偽佐川急便からのSMSに注意を - ネットバンク利用者狙う不正アプリを拡散
米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演