Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベイテック、Google Apps向けセキュリティサービスにOTP機能を追加

ベイテックシステムズは、Google Appsのセキュリティを強化するソリューション「サテライト・セキュリティーパックfor Google Apps」へワンタイムパスワード機能を追加した。

Google Appsプレミアエディションの利用者向けに提供している同サービスでは、従来よりIPアドレスや利用端末による制限、シングルサインオン機能など認証機能を提供しているが、あらたにワンタイムパスワード機能を追加したもの。

従来のIDやパスワードにくわえ、VASCOData Security Japanの認証トークンを利用したワンタイムパスワードを利用した2要素認証が実現している。

(Security NEXT - 2011/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
エンカレッジ、管理者アカウントの一元管理製品 - OTPの発行にも対応
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加
楽天銀、法人口座利用者向けにOTPスマホアプリを提供
テリロジー、ネットワーク機器の設定ミスを検知する新製品
OBC、「Azure」を活用したマイナンバー管理サービス
ソルクシーズ、マイナンバーを収集管理するクラウドサービス
NTTコム、1600超のサービスに対応したSSOサービス