Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトのセキュリティ指南書、累計250万ダウンロードを突破

情報処理推進機構(IPA)が、ウェブサイトで無償配布している「安全なウェブサイトの作り方」のダウンロード件数が250万件を突破した。

同資料は、ウェブサイトの開発や運営者向けに提供されているウェブサイトのセキュリティ対策資料。2006年1月に第1版を発行しており、2010年1月20日には第4版を公開しているほか、英語版やSQLコマンドについて解説した別冊なども提供している。

SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングなど9種類の脆弱性対策を解説。さらに同機構に寄せられた情報などをもとに、誤った対策事例や修正方法、対策状況を確認できる確認するためのチェックリストなども収録している。

(Security NEXT - 2010/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Smart TV Box」に脆弱性 - LANポートよりADBにアクセス可能
「Cisco UCS Director」など複数Cisco製品に深刻な脆弱性
「HTTP/2」の実装に複数脆弱性 - DoS攻撃手法が明らかに
「Bluetooth」に暗号化強度下げる「KNOB攻撃」が判明
「Apache Tomcat 9.0.24」が公開 - 「HTTP/2」向けに保護機能
「Apache HTTPD 2.4.41」がリリース - 「HTTP/2」関連など脆弱性6件を修正
スイッチ「Cisco Small Business 220」に複数の深刻な脆弱性
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
「Firefox」にマスターパスワード認証が回避されるおそれ - アップデートを実施
F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を