Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトのセキュリティ指南書、累計250万ダウンロードを突破

情報処理推進機構(IPA)が、ウェブサイトで無償配布している「安全なウェブサイトの作り方」のダウンロード件数が250万件を突破した。

同資料は、ウェブサイトの開発や運営者向けに提供されているウェブサイトのセキュリティ対策資料。2006年1月に第1版を発行しており、2010年1月20日には第4版を公開しているほか、英語版やSQLコマンドについて解説した別冊なども提供している。

SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングなど9種類の脆弱性対策を解説。さらに同機構に寄せられた情報などをもとに、誤った対策事例や修正方法、対策状況を確認できる確認するためのチェックリストなども収録している。

(Security NEXT - 2010/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Windows」の「vCard」処理に未修正の脆弱性 - PoCが公開
「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートが公開
メールセキュリティ製品「Cisco ESA」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
Oracle、四半期定例パッチで脆弱性284件を修正
オムロン製ツール「CX-Protocol」に脆弱性
WordPress向けスパム対策プラグインにXSSの脆弱性
Intel、Wi-FiソフトからDC向けまで幅広いアップデート
2019年最初のMS月例パッチ - 脆弱性49件を解消
「Adobe Digital Editions」に情報漏洩の脆弱性
「Adobe Connect」にセッショントークンが漏洩する脆弱性 - アップデートが公開