Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISC DHCPサーバにサービス拒否の脆弱性

「ISC DHCPサーバ」に、サービス拒否が発生する脆弱性が含まれていることがわかった。

同サーバをフェールオーバー構成で運営する際に利用するポートへ、TCPコネクションを確立することでサービス拒否の状況が発生するという。攻撃を受けた場合はDHCPプロトコルトラフィックに反応しなくなり、再度利用するためには再起動が必要になるという。

リモートで攻撃を受ける可能性があるため、ISCやセキュリティ関連機関では最新版へアップデートするよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 63」がリリース、トラッキング対策強化 - 複数の深刻な脆弱性にも対処
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート