Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、セキュリティ更新プログラム17件を公開 - 40件の脆弱性を解消

マイクロソフトは、予告どおり17件のセキュリティ更新プログラムを、12月の定例アップデートとして提供開始した。これらプログラムにより「Windows」に関する脆弱性26件や「Office」の脆弱性12件など、あわせて40件の脆弱性を解消している。

セキュリティ更新プログラムの深刻度を見ると、今回「緊急」とされるプログラムについては2件にとどまっているが、「重要」14件や「警告」1件など、件数では過去最大規模のアップデートとなった。公開されている脆弱性に対応したプログラムは5件。そのうち2件では悪用が確認されている。

深刻度が「緊急」とされるプログラム2件のうち「MS10-090」は、「Internet Explorer」で見つかった情報漏洩やメモリ破壊といった脆弱性7件を解消するプログラム。脆弱性3件が公開されており、そのうちの1件のメモリ破壊が発生する脆弱性は悪用が確認されている。

同プログラムでは、すでに不具合が判明しており、適用した場合に一部メールソフトや特定のウェブサイトで文字化けが生じる可能性がある。同社では、「重要な更新プログラム」としてメールプログラム上での文字化けを解消する「KB2467659」を用意し、あわせて適用するよう呼びかけている。またブラウザ上で文字化けが生じた場合はF5キーによる更新で正常な表示が行える。

(Security NEXT - 2010/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ