Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、セキュリティ更新プログラム17件を公開 - 40件の脆弱性を解消

マイクロソフトは、予告どおり17件のセキュリティ更新プログラムを、12月の定例アップデートとして提供開始した。これらプログラムにより「Windows」に関する脆弱性26件や「Office」の脆弱性12件など、あわせて40件の脆弱性を解消している。

セキュリティ更新プログラムの深刻度を見ると、今回「緊急」とされるプログラムについては2件にとどまっているが、「重要」14件や「警告」1件など、件数では過去最大規模のアップデートとなった。公開されている脆弱性に対応したプログラムは5件。そのうち2件では悪用が確認されている。

深刻度が「緊急」とされるプログラム2件のうち「MS10-090」は、「Internet Explorer」で見つかった情報漏洩やメモリ破壊といった脆弱性7件を解消するプログラム。脆弱性3件が公開されており、そのうちの1件のメモリ破壊が発生する脆弱性は悪用が確認されている。

同プログラムでは、すでに不具合が判明しており、適用した場合に一部メールソフトや特定のウェブサイトで文字化けが生じる可能性がある。同社では、「重要な更新プログラム」としてメールプログラム上での文字化けを解消する「KB2467659」を用意し、あわせて適用するよう呼びかけている。またブラウザ上で文字化けが生じた場合はF5キーによる更新で正常な表示が行える。

(Security NEXT - 2010/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設