Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

過去1年間にセキュリティ事故や事件を経験した企業は26.3% - NRIセキュア調査

過去1年間に情報セキュリティに関する事故が発生した企業は、大幅に減少して26.3%となり、3割を切ったことがわかった。

同調査は、NRIセキュアテクノロジーズが東証や大証上場企業、従業員規模が大きい未上場企業など、全国3000社を対象に8月から9月にかけて郵送によりセキュリティ対策状況についてアンケート調査を実施し、判明したもの。有効回答702社。

2009年に実施した前回調査では、過去1年間に情報セキュリティに関する事件や事故を経験しなかったとする企業は35.3%だったが、今回の調査では73.6%と倍増した。

事故の発生状況を見るとウイルスやワームの感染がもっとも多く、事故が発生した企業のうち57.2%が経験。会社が貸与したPCの紛失や盗難が41.4%、会社貸与の携帯電話の紛失が32.9%で続いた。

(Security NEXT - 2010/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
企業の14%がセキュ事故経験 - サイバー保険加入率は12%
パブクラのセキュリティ脅威、6割超が「設定ミス」挙げる
組織非公認のチャットサービス、役職者など53%が業務で利用経験
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%
中堅企業「情シス」、4割弱が1人以下 - 前年から7ポイント増
中学生の3人に1人、詐欺サイトへの誘導経験 - 8割は親に相談せず
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ