Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

過去1年間にセキュリティ事故や事件を経験した企業は26.3% - NRIセキュア調査

過去1年間に情報セキュリティに関する事故が発生した企業は、大幅に減少して26.3%となり、3割を切ったことがわかった。

同調査は、NRIセキュアテクノロジーズが東証や大証上場企業、従業員規模が大きい未上場企業など、全国3000社を対象に8月から9月にかけて郵送によりセキュリティ対策状況についてアンケート調査を実施し、判明したもの。有効回答702社。

2009年に実施した前回調査では、過去1年間に情報セキュリティに関する事件や事故を経験しなかったとする企業は35.3%だったが、今回の調査では73.6%と倍増した。

事故の発生状況を見るとウイルスやワームの感染がもっとも多く、事故が発生した企業のうち57.2%が経験。会社が貸与したPCの紛失や盗難が41.4%、会社貸与の携帯電話の紛失が32.9%で続いた。

(Security NEXT - 2010/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答
7割弱が「ランサムウェア」認知せず - 半数強がバックアップ未実施
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
国内7%がID窃取被害を経験 - 端末の紛失は9%
多くの企業が不正侵入対策へ注力するも3割弱が被害を経験
中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多
中小企業の6.2%がサイバー攻撃を経験 - 標的型攻撃が最多、ランサムも
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
中小企業の8割、年間セキュリティ予算は50万円以下 - 7%でランサム被害