Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

本籍など記載された居住実態調査票を紛失 - 目黒区

目黒区は、住民4人の個人情報が記載された「住民登録実態調査票」を紛失したと発表した。

紛失したのは、4人分の氏名、住所、生年月日、性別、前住所、本籍などが記載された住民登録実態調査票、および住民記録システム個人現状照会画面を印刷した書類。

11月16日、職員が住民基本台帳法に基づく居住実態調査のため、担当13世帯分の書類を携帯して関係者を訪問。終了後に書類を事務所に保管したが、18日になって書類を整理した際、紛失に気が付いたという。

区では、今回の紛失判明を受け、訪問先の捜索や警察への届出など、対応を行っている。

(Security NEXT - 2010/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客のマイナンバーを委託先が誤って裁断 - 群馬銀
行政文書を誤廃棄、流出は否定 - 平塚市
業務外で閲覧した個人情報を知人に提供、職員を処分 - 唐津市
個人情報の不正使用で職員を懲戒処分 - 富里市
システムから個人情報を取得、ストーカー行為で職員を免職 - 荒尾市
空調機器工事の助成事業で業者に個人情報を漏洩 - 新関空
マイナンバー含む税額決定通知書を誤送付 - 大網白里市
医療費受給者証の更新申請書で個人情報を誤記載 - 下関市
住民からの相談記録4000件を紛失、誤廃棄か - 熊本市
個人情報含む書類を別人に送付、作業ミスで - 岩国市