Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

本籍など記載された居住実態調査票を紛失 - 目黒区

目黒区は、住民4人の個人情報が記載された「住民登録実態調査票」を紛失したと発表した。

紛失したのは、4人分の氏名、住所、生年月日、性別、前住所、本籍などが記載された住民登録実態調査票、および住民記録システム個人現状照会画面を印刷した書類。

11月16日、職員が住民基本台帳法に基づく居住実態調査のため、担当13世帯分の書類を携帯して関係者を訪問。終了後に書類を事務所に保管したが、18日になって書類を整理した際、紛失に気が付いたという。

区では、今回の紛失判明を受け、訪問先の捜索や警察への届出など、対応を行っている。

(Security NEXT - 2010/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DV被害者による住民票開示制限申出書を紛失 - 横浜市
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
閲覧禁止の人事情報にアクセス、危機管理課職員を処分 - 龍ケ崎市
児童や保護者、通報者情報など含む児童虐待関連資料を一時紛失 - 滋賀県
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
個人情報含むHDD紛失で職員を処分 - 大阪の消防組合
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
性格など記載された小学校名簿が町内掲示板に - 仙台市
マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
市営住宅入居者情報、断り切れずコピー許す - 伊賀市