Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、セキュリティ関連の相談窓口を一元化 - 相談内容の変化へ柔軟に対応

情報処理推進機構(IPA)は、不正アクセスやウイルスに関する相談を受け付ける「情報セキュリティ安心相談窓口」を設置した。

従来は、ウイルスや不正アクセス、ファイル共有ソフトの「Winny」、不審メールなど、それぞれ個別に窓口を設置して対応を進めてきたが、統一することで利便性の向上を図る。

ここ数年「ワンクリック詐欺」や「Gumblar」など従来と異なる相談も増加傾向が続いており、今後携帯電話に関連した相談の増加も見込まれるなど、変化する相談内容へ継続的に対応していくという。また、対応時間外でも問題解決が行えるよう、ウェブサイトのFAQリストについても充実させていく。

(Security NEXT - 2010/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
特定電子メール法違反で行政処分 - 杉並区のウェブ運営会社に
「アマゾン」装う架空請求が発生 - 支払いに「Amazonギフト券」要求
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
東京都、ガイドブック「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」を配布
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
マクニカ、S&Jのインシデント対応サービスを提供開始
委託先従業員が顧客クレカを不正利用 - ビューカード
2017年上半期のサイバー犯罪検挙数は4209件 - 仮想通貨の不正送金被害も