Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、セキュリティ関連の相談窓口を一元化 - 相談内容の変化へ柔軟に対応

情報処理推進機構(IPA)は、不正アクセスやウイルスに関する相談を受け付ける「情報セキュリティ安心相談窓口」を設置した。

従来は、ウイルスや不正アクセス、ファイル共有ソフトの「Winny」、不審メールなど、それぞれ個別に窓口を設置して対応を進めてきたが、統一することで利便性の向上を図る。

ここ数年「ワンクリック詐欺」や「Gumblar」など従来と異なる相談も増加傾向が続いており、今後携帯電話に関連した相談の増加も見込まれるなど、変化する相談内容へ継続的に対応していくという。また、対応時間外でも問題解決が行えるよう、ウェブサイトのFAQリストについても充実させていく。

(Security NEXT - 2010/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールで届く「wizファイル」に注意 - マクロ有効化でマルウェア感染のおそれも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
保健所公用車が車上荒らし被害、動物の苦情処理簿を紛失 - 三重県
「機密扱いで頼む」との社長メール、実は詐欺 - 日本語「BEC」見つかる
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
宅配便不在通知を偽装したSMS、7月中旬より相談急増
「児童ポルノ」の削除要請、94%が削除 - 「リベンジポルノ」は79%