Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、セキュリティ関連の相談窓口を一元化 - 相談内容の変化へ柔軟に対応

情報処理推進機構(IPA)は、不正アクセスやウイルスに関する相談を受け付ける「情報セキュリティ安心相談窓口」を設置した。

従来は、ウイルスや不正アクセス、ファイル共有ソフトの「Winny」、不審メールなど、それぞれ個別に窓口を設置して対応を進めてきたが、統一することで利便性の向上を図る。

ここ数年「ワンクリック詐欺」や「Gumblar」など従来と異なる相談も増加傾向が続いており、今後携帯電話に関連した相談の増加も見込まれるなど、変化する相談内容へ継続的に対応していくという。また、対応時間外でも問題解決が行えるよう、ウェブサイトのFAQリストについても充実させていく。

(Security NEXT - 2010/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
顧客情報9.2万件含むサーバに不正アクセス - パーソルキャリア
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
高校で個人情報含むUSBメモリが所在不明、相談スペース利用状況なども - 大阪府
不正送金NEMを補償、一部仮想通貨の出金なども再開 - コインチェック
不正ログインの被害相談、直近5カ月で104件 - IPAが対策呼びかけ
個人情報含むファイルをメール誤送信 - 香川大
メールで複数従業員がマルウェア感染、サーバより秘密鍵が盗難 - コインチェック
マイネットにサイバー攻撃、ゲーム13タイトルで障害
東芝グループ会社に不正アクセス - メール情報流出の可能性