Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PCパーツ通販サイト「フェイス」「ツートップ」の顧客情報約25万件が流出

ユニットコムは、同社が運営するPCパーツの通販サイト「フェイスインターネットショップ」 が不正アクセスを受け、顧客情報が流出したことを明らかにした。

9月13日にクレジットカード会社よりカード情報の漏洩について問い合わせがあり、調査の結果15日にカード情報やログイン情報が閲覧された形跡が判明したもの。

不正アクセスの被害に遭ったのは、「フェイスインターネットショップ」。「パソコン工房」「ツートップ」など他運営サイトから流出は発生していないが、同社では9月初旬より「フェイスインターネットショップ」「ツートップインターネットショップ」の会員データベースを統合を進めており、両サイトの顧客に影響が出た。

「フェイスインターネットショップ」では、2008年6月26日から2010年8月17日までにカード決済を利用した顧客のカード番号や有効期限など最大7万4048件、「ツートップインターネットショップ」では、1999年6月29日から2008年9月10日までに納品した顧客の「ログインID」「パスワード」など最大18万74件が流出したおそれがある。

(Security NEXT - 2010/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
肉加工食品通販サイトに不正アクセス - 情報流出でカード不正利用の可能性
JICA関連サイトに不正アクセス - メアドやPWなど流出
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
アイ・オーNAS管理サービスへの不正アクセス、複数サーバに痕跡
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
事務用品通販サイトの顧客情報流出 - クレカ流出件数を修正
アンケートサイトで不正ログイン - ポイントの不正交換も