Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PCパーツ通販サイト「フェイス」「ツートップ」の顧客情報約25万件が流出

ユニットコムは、同社が運営するPCパーツの通販サイト「フェイスインターネットショップ」 が不正アクセスを受け、顧客情報が流出したことを明らかにした。

9月13日にクレジットカード会社よりカード情報の漏洩について問い合わせがあり、調査の結果15日にカード情報やログイン情報が閲覧された形跡が判明したもの。

不正アクセスの被害に遭ったのは、「フェイスインターネットショップ」。「パソコン工房」「ツートップ」など他運営サイトから流出は発生していないが、同社では9月初旬より「フェイスインターネットショップ」「ツートップインターネットショップ」の会員データベースを統合を進めており、両サイトの顧客に影響が出た。

「フェイスインターネットショップ」では、2008年6月26日から2010年8月17日までにカード決済を利用した顧客のカード番号や有効期限など最大7万4048件、「ツートップインターネットショップ」では、1999年6月29日から2008年9月10日までに納品した顧客の「ログインID」「パスワード」など最大18万74件が流出したおそれがある。

(Security NEXT - 2010/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か