Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学級名簿を電車の網棚に置き忘れ - 横浜の市立小学校

横浜市立平安小学校の教諭が、児童32人分の学級名簿や住所録、テスト用紙などを風呂敷包みごと電車の網棚に置き忘れ、紛失していたことがわかった。

紛失したのは、同教諭が担任するクラスの児童32人分の学級名簿や住所録、テストの答案など。児童および兄弟姉妹や保護者の氏名、住所、電話番号などが含まれる。

9月15日7時30分ごろ、JR南武線車内の網棚に風呂敷包みごと置き忘れた。下車後すぐ気付いたため、駅の忘れ物センターに連絡し、警察にも紛失届を提出した。同校では、対象となる児童および保護者に連絡して謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2010/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

8100人分の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 海城中高
PCを電車内で紛失、顧客情報含む可能性 - 医療系人材派遣会社
市立病院で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
取引先関係者の個人情報含むスマホを紛失 - 日本金属
個人情報が保存されたノートPCが所在不明 - NICT
学生の個人情報含む書類やPCを紛失 - ニトリ
顧客情報含むPCを電車に置き忘れ紛失 - ヤマハ
中学校卒業生の成績データ含むUSBメモリを紛失 - 岡山市
職員が県税関連の書類を鞄ごと紛失 - 広島県
小学校教職員のマイナンバー含む書類が所在不明 - 横浜市